FC2ブログ

ようこそSTREET ROD PRESS!!へ

0120.jpg

このブログはひたすら地酒を飲みながら、たまに喫茶店巡り、
蕎麦巡りなどをしつつバイクを改造もしたりするブログです。
好きな酵母は熊本(協会)9号です。

ブログ名の由来はHOT RODをもじったのが元ですが
名前を付けた自分が言うのも何ですが名前負けしてます。
ブログ自体は過去にドブログでもやってましたが、
ドブログ撤退以降はFC2にて細々と活動させてもらってる訳です。

カテゴリ分けは左の部分に表示している所をクリックして戴くと
各カテゴリに飛べるようになっております。
ブログの中で代表的なカテゴリは以下のをメインに更新しております
ポールスマート
Dream50
ドリーム50(3号機)製作日記はこちら
CD90
Dの食卓
Dの食卓(日本酒編)

飲んでみたい&飲んだ&ストック日本酒リスト
お勧めの地酒等あれば教えて下さい、お待ちしております。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

S660の屋根塗りました



ハードトップにしてから黒のままで乗ってましたが
新年に入り平成も終わるしって事で塗りました。

SDIM0108_20190125175845447.jpg

写真で見ると結構明るめに映ってますが
実際はもっと落ち着いた色です。
色の参考にしたのは限定車のロールトップに使われる
ボルドーレッドですが、パールが入ってます。
残念な事に無限のシールは無くなりましたが
無限ハードトップを塗った事に後悔はありません!


撮影した場所は徳島の山奥にパンを買いに行った際
道すがら撮影できそうな所があったので撮りました。
本当に酷い道でした、国道ならぬ酷道、
遍路転がしと言われる焼山寺の近くです。
水曜どうでしょう、で88ヵ所巡りをしていた際に
夜中に通った道だと記憶していますが・・・
いやほんと国道詐欺ですよw

2019年式CBR650R

とうとう2019年式CBR650Rが発売ですって!

1547715172935[1]

CBR650Fとして発売されて以降あまり見かける事もなく。
実際走ってる所に遭遇した事すらなかったCBR650Fでしたが
2019年に大幅モデルチェンジを行いCBR650Rとなりました。
Fの雰囲気を残しつつ倒立フォーク化によりFよりRに近くなってます。
いやーこれいいですねー 欲しい。

1547715191833[1]
CBR650R

1_201311060138551ba.jpg
CBR650F

ただテール周りが最近の流行りなのか
2人乗りが大変そう・・・って思っちゃいます。
ここまでコンパクトだとシートの下には
書類だけしか入らないんでしょうね。
個人的にはもう少しテール周りが有ってくれた方が
デザイン的には宜しいと思うんだけども・・・
天下のホンダさんのデザインなのでコレが正解なのでしょう。
先代CBR650Fと比べてみると結構変わってますねー
ヘッドライト形状からタンク周り、カウル、テールと比べると全然違う。

並べてみると好みとしては先代モデルを倒立にして
テール周りとマフラーは先代モデル、ライト周りを2019モデルに、
なんて考えてしまいますね。

Honda-CBR600F-11-4.jpg
CBR600F

うちのCBR600Fと比べると先代は割と似てたけど
2019モデルのRと比べると別物ですね。
ま、元々似てたのは名前と形だけでフレームも違えば
エンジンすら別物でしたから。
CBR600Fは並列4気筒、CBR650F(R)は直列4気筒、
ベースエンジンも600Fは07年式CBR600RRで
CBR650F(R)は新設計ですからね。
そこ!CBR600Fはホーネットじゃん!って言わない!

馬力は650Fが88PS、650Rが95PSと順調に上がってます。
最近のSSとか200PS近く出してるんだから
650Rも120PS位出しても良いのにねー
なんで小刻みに上げてるんでしょう。

三芳菊 壱 無濾過生原酒

SDIM0115_2019011419542423b.jpg

三芳菊 壱 無濾過生原酒
こちらは三芳菊酒造のお酒、
徳島県の地酒メーカーになります。
主要銘柄は「三芳菊」「大地の夢」です。

SDIM0111.jpg

原料米:山田錦(播州等外米使用)
精米歩合:70% 酵母:徳島酵母
アルコール度数:16

SDIM0112_201901141954222f4.jpg

店などでは飲んでましたけど
家呑みでは随分お久しぶりです。
気が付けば三芳菊も相当数の種類が出てますね
こちらは徳島の神山に行った際に「かまパン」にて購入しました。
30BYの新酒となっており4合瓶で1300円とリーズナブル。
猪ボトルの期間限定品の「壱」シリーズです。

色はアンバー。瓶の色と思ってたけどまさか酒の色とは。
香は三芳菊によくあるパイン系ではあるけど
そこまで強い訳ではないですね。
この味は人を選ぶので好き嫌い別れますけど
日本酒に慣れてない人にはお勧めです。

ただこの味はあまり寝かせたり保存が悪いと
すぐ老ね香が出ちゃって飲めたものじゃないので
温度管理はしっかり、開けたらなるべく早く飲む。
今まで飲んできた経験上の感想ですが!

S660

SDIM0070.jpg

もう3年も乗ってます。
コペンほど愛着は無いけどそれなりに気に入ってます。
今の所目立ったトラブルも事故もありません。

写真自体はちょい前のなので今と少し仕様が違うかも?

スマホを新調

XZ3に機種変更したのですが
この機種、縁がラウンドしてて保護シートが全然しっくりこない。
2社ほど試しましたが納得が行くレベルではないですねー
これが保護シート難民と言うのか・・・

八海山 純米吟醸

SDIM0027_20181103004803874.jpg

八海山 純米吟醸
こちらは八海醸造株式会社のお酒、
新潟県の酒造メーカーになります。
主要銘柄は「八海山」です。

SDIM0021_20181103004804e10.jpg

原料米:国産米
精米歩合:50%
アルコール度数:15.5

SDIM0023_20181103004805d19.jpg

今年初め、じゃんけんで勝ったらもらえたお酒。
2017年12月28日に詰められた八海山です。
珍しいお酒ではありませんが自分で買う事はあまり無いお酒。

香りはそれほどでも無いですが米のほのかな甘さ、
口に含むとほどよい酸味、惜しい!惜しい!
美味いけど今一歩何かが足りない印象です。
水のようにスルスル飲めるのはこのお酒の良い所だけど
もう少し個性的でガツンと来るほうが好みかな。

いや、でも飲みやすいのは長所だね。
嫌味なく飲めるから何杯も飲んでしまう・・・

赤いほう、70キロほど試走

写真はありませんが新しいサイクルコンピュータ付けたので
試走してきました、結果から言うと使いものになりません。

途中までは反応してたんですけど走行中にエラー。
そのまま使えなくなりました、まぁAmazonで購入した
格安ワイヤレスだったんですけどね。
(定価15000円がなんと1700円と言うワイコン)
どうやらバッテリー積んでるバイクや電動自転車だと
高確率でエラーが出る場合があるそうです。

帰ってから有線式に戻しましたが電池が無いので
来週にまた調整かな。

試走は3時間ちょいほどでしたが
兎に角キツイ!ポジションもキツイけど
原因は7000回転付近の谷間が顕著で
その領域で走るとなるとたまーにギクシャクしてしまって
そこをクリアする為には9000回転~で走らないと駄目。
上り坂でも11000回転より「回ろう」とするからヤバい
壊れるの怖いから11000より上は回したく無いんですけど
先ほど書いた通り7000付近が気持ち悪いから
仕方なくそれより上で走ってる感じですね。

あっと言う間に6速まで行っちゃうし
8速くらい有っても良さそうな位ガンガン回りますな。
油温もクーラーのお陰で安定してるし調子いいですが
乗る人の体力が付いていかない。

あと若干気になる部分が見えてきたので
乗り続けるなら改善していかないと後で痛い目見そう。
具体的に言うとCR26のインシュレータが当時のままだから
カッチンコッチンなんですわ。

追記。
思い出したのでメモ。
CR26のインシュレータはPE24用を流用するんですけど
スパヘなのでアダプタ無しで直付け。
ゴム製のインシュレータはタケガワとキジマが出していて
キジマ製のほうが性能はいい、らしい。
理由は某氏曰く「キジマは元ゴム会社だから品質がいい」
なるほど納得である、俺のはキジマ製でした。

PageTopNext>>

複眼RSS (1記事前をサムネイル化 )
プロフィール

rit@wakiaka

Author:rit@wakiaka
元はドブログ版
Street Rod Pressです
今後はこちらを使います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
697位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
55位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム