便利なバイクPCX

最近マイナーチェンジしてキーレスになったPCX。
うちのはチェンジ前のモデルなのでキーレスでは無いですが
それでもすごく便利、もうPCXだけあれば車も要らないんじゃないか
ってくらいに便利です。

荷物も乗るし快適に加速するし(少し遅いけど)
燃費もバカみたいにいいし、ホントに凄い。

ただ大阪や東京では盗まれるバイクとして有名。
怖いですね、盗難。
スポンサーサイト

色々バイク関連でトラブル多発。

ざっと書くとCBR600Fのウィンカーが故障。
こちらは清掃で治りましたが雨の中走った結果
ウィンカー内が固着したみたい。

次にドリーム50のメンテをしてエンジン掛かるようにして
保険にも入ったんですけど調子が良くない。
放置前は調子良かったんだけどなぁ
元の車体がかなり古いから仕方ないとは思いますがw
1997年だからなぁ元が・・・
新しいバイクと思ってたけど気が付けば旧車みたいなもんか。

カフェレーサー

2007年からずっと気になってるバイクがあるんですけど
そのバイクの面影が延々頭に残ってる。

どうにか作れないものか考えてるんだけど
フレームから無理くさくて既存バイクではカスタムでも無理。
古い車種を同じように作る事も考えたけど
今のご時世に過去のパーツ手配とか絶望的ですしね。


本当に何故ホンダは発売しなかったんだろう。
CB1100R

Attendre et espérer!

いや十分待ちました。

PCXを買ったった。

SDIM0026.jpg

2010年4月頃に発売されたばかりの
PCXのカタログを貰った記憶があり、
当時から気になっていたバイクでした。
(当時ポールスマートとRVF400に乗ってた)

何度か購入のチャンスはあったのですが
結局購入には至らなかった。
その間、CBR600Fを買ったり
RVFを売ったり、ポールスマートを売ったり
トチ狂って買ったほにゃららを所有したり。

2017年に入り、ほにゃららを乗れるようにしようとしてた矢先
「あれ?乗るビジョンが浮かばない」
って事に。
あれこれ考えた挙句ほにゃららを下取りに出し
PCXの新車を購入しようと言う事になった次第です。

ところがタイミング良く程度の良い中古のPCXが
お店に入ってきたと言う話を戴きまして。
一度見てみようと言う事で実車を見たらまぁ綺麗。
色が黒なのがネックだけど走行距離は200キロ、
付いてるOPも豪華で「グリップヒーター」、
同じキーが使える「純正ボックス」、「社外マフラー」
それらすべて込み+保険2年付き。

SDIM0029.jpg
SDIM0031.jpg
SDIM0032.jpg

これでちょっとした買い物などの足に便利な
原付(より便利な原付二種)をGETです。
なお、現在の所有バイクは大型1台、原付二種4台、
とうとうバイク比率が原付寄りになってしまった。

スクエア出雲大社、宍道湖ツーリング

スクエアさん主催の一泊ツーリングに参加してきました。
行き先は宍道湖温泉に宿泊予定で2日目は出雲大社参拝で
そのまま帰宅と言う流れでした。
元々初日は石見銀山に行く予定でしたが
時間が掛かりすぎるとの事で三瓶山周囲をぐるりと回りました。

SDIM0971.jpg

今回も旅の友はCBR600F。
荷物もたっぷり収納できるのでらくらくです。
今回の日記は結構長くなりそうなので
追記形式を折りたたみで書いていく事にします。

続きを読む

CRM250AR



買ったは良いがガレージ奥に眠らされ
恐らく2年くらいは出てこないと思います(笑)
予定ではポールスマートの保険を引き継ぐ形を取り、
ポールスマートは暫く乗らなくなると思います。
(売ると言うことはしないつもり、多分)

さて、乗るべき日が来るまでの間に
ある程度の改造を行って行く予定です。
兎に角このバイクは車高が高い、非常に辛い。

SDIM0669.jpg

夕方撮影しても日中撮影しても赤が強すぎて
どうしてもピンクに見えてしまいますが、実際はもっと鮮やか。
リアフェンダーはホワイトに変えたいですね、ホント。

SDIM0670.jpg

走行距離は写真の通り、車体もガレージ保管だったのか
かなり程度は良いですが、タイヤだけは新品に交換しています。
(細かい錆やフォークのアルマイトの腐食も少しはある)

SDIM0679.jpg

チャンバーはノーマルです。
もちろん少しだけですが錆はあります。
それでも15年以上前のバイクにしては程度良い。

SDIM0681_20131208212303df8.jpg

サイレンサーはステンレスなのでピカピカ。
もしチャンバーは交換したとしてもサイレンサーは変えないかな。
形も好きですし、なにより綺麗ですからねー

SDIM0685.jpg

シェラウドも磨き傷以外ありません。
タンクには少しだけ点錆がありますが、
タンク内にも錆はありませんね。

今後の予定ですが、タイヤをロードにしてみたいですね、
でも安易なモタード化で前後17インチになると
どーしても好みじゃない(バランスが悪い気がする)ので
やっぱりそこはきっちり仕上げたい所ですねぇ

とうとう発表されたCBR650F

新開発の直列4気筒エンジンを搭載した
中排気量のエントリーモデルとして、
レーシーなカウル付の「CBR650F」と、
ネイキッドモデルの「CB650F」を発表します。

ほほう、とうとう発表されましたか。
予価が80万前後になってたので2気筒では?と思ってたけど
まさかの新開発の4気筒エンジンとは思わなかったです。

1_201311060138551ba.jpg
Honda-CBR600F.jpg

上がCBR650F、下がCBR600Fです。
最初見たときはすげー似てるって思ったけど
細部を見ると結構違うんですね・・・
パーツの互換性とか実はかなり期待したんですが
そんな事は無かったwww

2_2013110601385552e.jpg
14honda-cbr600f.jpg

上がCBR650F、下がCBR600Fです。
ヘッドライト周りの互換性も以下略。
でも、こうしてみるとCBR650Fは案外良いデザインしてます。
600Fの良い部分をきっちり押さえてる気がしますが、

良い点として思ったのは、カウルとタンクのバランス、
マフラーの取り回し(流行?)スイングアームの形状、かな?
価格も80万前後と言うのはバリュープライスではなかろうか。



追記。
スペックが公開されたので並べて転載しておきます。

CBR650F
水冷直列4気筒16バルブDOHC
総排気量 649cc
内径×行程 67×46mm
圧縮比 11.4:1
最大出力 87hp(88ps)/ 11,000rpm
最大トルク 63 Nm /8,000 rpm
供給 PGM-FI
燃料タンク容量 17.3リットル
計装 デジタルスピードメーター、デジタルタコメーターバー、
デュアルトリップメーター、燃料計、デジタルスキャナ、デジタル時計
セキュリティーシステム HISS
全長X全幅X全高 2110 X 755 X 1.145.mm
ホイールベース 1.450ミリメートル
トレイル 101ミリメートル
シート高 810ミリメートル
最低地上高 130ミリメートル
車両重量 211キロ


CBR600F
水冷直列4気筒16バルブDOHC
総排気量 599cc
内径×行程 67×42.5mm
圧縮比 12:1
最大出力 100.6hp(102ps)/ 12,000rpm
最大トルク 64 Nm /10,500 rpm
供給 PGM-FI
燃料タンク容量 18.4リットル
計装 デジタルメーター、デュアルトリップメーター、
燃料計、デジタル時計
セキュリティーシステム HISS
全長X全幅X全高 2150 X 740 X 1.150.mm
ホイールベース 1.437ミリメートル
トレイル99ミリメートル
シート高 800ミリメートル
最低地上高 135ミリメートル
車両重量 206キロ、211キロ※ABS装着車


今の所、欧州での発表なのでフルパワーだと思います。
600Fに比べて低速でトルク発生させており、味付けは別物、
タンク容量は1Lほど少なく、車高は1cmほど高くなってますね。
重量は同等と見て良いのでは無いでしょうか?
動画サイトでプロモ見ましたが、メーターはデュアル表示で
そっちの方が格好良いです、見やすそうだし。
馬力に関してはたった約10psの差ですし、
低速でのトルク発生を見ると650Fのほうが楽そう。

悪い点は倒立フォークを捨てた所、これで倒立だったらなぁ・・・
このエンジン、新設計らしいので今後の展開が気になりますね。
これを使ったCBR650RRって出て来るのかなぁ?

オフロードバイクを購入する事になりました

タイトルの通りです、言い訳もございません。

「ナニイッテンノコノヒト」
「ワカンナイ」

もう数年に渡ってオフロード「も」欲しいと思ってまして
XR250モタードが出た時は心躍ったものです。

「アタマオカシイノカナ?」
「ソウカモ」

オフを手に入れるチャンスは幾度となくありましたし
試乗などをして購入する寸前まで行ったのもありました。
が、あと一歩、足を踏み出す事が出来ず・・・今に至る訳です。

候補に上がったオフはと言うと、まぁモタードですが
Dトラッカー、これが大本命でしたが、良く壊れる。
今のカワサキに比べて少し前のカワサキ車特有の
なんだかわからないけど壊れるカワサキクオリティ
俗に言う「だってカワサキですから」が頭を離れず、
事実周りにいた2台のDトラ乗りはトラブルに悩まされていた。

そして時間は流れまして、近年カワサキは生産拠点をタイへ、
Dトラのトラブルも聞かなくなり(グローバルだから?)
よーし!と思った頃にDトラッカー125と言うモデルが登場、
それにあわせてKLX125も登場、良いじゃない!とか思ったけど
どうも顔が気にくわない、いわゆるタイ顔なんですよね。
(おそらくタイの流行なんでしょう、あの顔)

ホンダのXR250もその頃には生産終了、
XRの名前は消え次世代オフはCRF250へと・・・
ですが、どうも顔が気にくわない(笑)
あと車体のバランスもちょっと・・・気にくわない。

XR250で程度の良いのを探して居たのですが
中々良いのが無いんですよね、
まぁ複数バイク持ってる身ではよっぽどじゃないと無理。
そんな矢先にスクエアさんにとあるバイクが・・・

と、ここまで書いたけど面倒になったので割愛。
ぶっちゃけるとCRM250ARです。
年式はフレーム番号から1998年前後、
今となっては古い車体です、実に15年前のバイクです。

でも、このCRMには少しだけ思い出があるんです。
それは大阪に住んでいた頃に・・・面倒なので割愛。
ま、2ストに乗りたかったのもあるんです、
パワー有りますしね、パランパランですよ。

そんな訳で購入したのですが、乗るのはまだ先、
ガソリンだけキャブから抜いて保管される事が決まってます。
流石に3台保険掛けちゃうとお金が・・・ね。

「ナニイッテンノコノヒト」
「ワカンナイ」

じゃあ何故今買った?

「アタマオカシイノカナ?」
「ソウカモ」

欲しい時に買えないから。
程度の良いCRMなんてホント希少ですよ、
モタードにするかも知れないけど。

PageTopNext>>

複眼RSS (1記事前をサムネイル化 )
プロフィール

rit@wakiaka

Author:rit@wakiaka
ドブログが脳梗塞で
他界しました。
元はドブログ版
Street Rod Pressです
今後はこちらを使います。

ミクシィではD-DASHって名前です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
441位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
23位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム