メーターの話

メーター修理の為にスミスのリング取り寄せたんだけど
思いの外に製品の質が悪くて最初からメッキ剥げが有る。
前のもそれなりに綺麗じゃなかったんだけども
今回のもあまり宜しくないご様子・・・

とりあえずメッキ磨き剤買ってきて磨いてます。


さて、メーターですが、どのような故障だったかと言うと
うちのはRC166風に改造してるんで針が疑似フローティングになってます。
その疑似部分が振動で折れちゃったんですよw
元々がスミスの部品を使った改造だった訳ですので
貴重なパーツはそのまま再使用になるのですけども
それらのパーツは全て作り直しって事になりそうです。
丁度良いので別パターンを作る事も考えましたけども
それなりに手間とお金が掛かってしまいますので・・・


で、前のブログを見ていた人は知って居ると思いますが
私は過去に色々とメーターカスタムに手を出しています。
良い機会なのでここで紹介してみようかと思います。

最初のメーター

1作目、某所Cにて制作。
ボンドがはみ出たり、知り合いが作った同じ仕様のよりも
作りが荒かったりして仕上がりに納得出来なくて揉めた品。
あの頃は若かったから常に完璧な製品を求めていたんです、
今となっては悪いことしたなーって言う気持ちも無いことも無い。
でも二度とあそこへ頼むことは無いだろうけどねー

制作方法は文字盤の上に新たに印刷したシールを貼った感じ、
自分としてはシルクスクリーンで作って欲しかったかな?
理由は昔の特注モデルはシルクで作っていたから、
耐候性に問題のある印刷だと紫外線で色が褪せて来てしまうから。


タコメータ

2作目、某所Nにて制作()笑
完璧を求めた結果たどり着いたのがコレ
色々な意味で手が加わってまして、最高の製品ですが
これまた実は装着して暫くして不具合出たので修理してます。
それ以降は改善されて普通に使えています。

作り方が特殊で透明の板の上に透明な何かに印刷したシートを重ねた感じ?
これのお陰で夜でも透下照明で綺麗に文字が浮かび上がります。
針は折れ針で部品もスミスのを使ってネジも貼り付けではなく実用です。
(あまり見ることのないマイナスネジを使用してます)
尚、ガラスを採用していますので凄く綺麗です。
ちなみに制作前は簡単だと言ってたんですが、
制作後に凄く面倒だったらしく1作だけね!って言われました。
勿論修理はやってくれるんですけど。


最後のメーター

3作目、某所Sにて制作()笑
今現在使ってるカウル専用に作ったメーター。
前記した通りRC166風18000rpm仕様
自分でデザイン考えて色々悩んで作っただけに思い入れも深いですが
ドリの振動までは計算しきれてませんでしたw

こちらも上記2ヶ所とは作り方が違って
シルクスクリーンをメーターのパネル自体に印刷、
針と一部パーツはスミスのメーターから移植、
スパイ針のみ移植しませんでしたが。
ガラス採用なのでこちらも綺麗です、傷も付きません。
欠点は間接照明型なので夜は殆どぼやーっとしか見えない事。


以上3点が制作したメーターでした。
メーターカスタムは個性を出すポイントですが
どれくらいの費用がかかるのか判らないって人の為に書くと、
大体は2万から3万位です、rc112さんのは都合6万位掛かってます。
(1個での値段なのでタコとスピードやろうと思ったら倍掛かります)
スポンサーサイト

PageTopNext>>

複眼RSS (1記事前をサムネイル化 )
プロフィール

rit@wakiaka

Author:rit@wakiaka
ドブログが脳梗塞で
他界しました。
元はドブログ版
Street Rod Pressです
今後はこちらを使います。

ミクシィではD-DASHって名前です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
307位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
15位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム