スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤身のステーキが食べたくて

タイトルの通りですが、赤身のステーキが食べたくて、
ほっともっとのステーキ弁当を食べたのですが満足出来ず。
肉専門店(ヒガシハラ)にお邪魔しまして、肉を物色。

和牛のステーキはあるけど、オージーは売ってないんですね。
兎に角今回は霜降りじゃなく赤身が食べたかったので
オージーならと思ったのですが・・・

ふと見ると国産赤身があるじゃないですか。
価格は100gあたり500円位、交雑牛(霜降り)でも600円、
少しだけ悩みましたが、赤身500円のを頼みました。

オーダーする際に厚みを指定出来るのが肉屋の良い所。
今回はステーキって事で25mmと言う暴挙に出てしまいました。
価格にして1350円ほど、大体250gほどになるのかなぁ。
以前食べた事があるのですが450g(1ポンド)ステーキは
肉の厚みが無かったので満足度が足りなかったのですが
今回のは見た目的にも大満足!!

2日寝かせた肉をシーズニングと黒胡椒で味付け作業。
その間、フライパンはギンギンに熱しておきます。
焼く前に筋切りと脂身付き赤身の部分を小さくカットして
フライパンで炒めると脂が出て来ます、焼いた脂は別の器に移し
後から炒飯に使いますので捨てないようにしました。

本体の肉投入、一気に両面と側面を焼きます。
割と強めで焼いて両面に焼き色が付いたら蓋をして弱火に。
その間に脂肪分から出た余分な脂を別フライパンに入れて
卵を投入後にご飯、細切れの脂身付き赤身で炒飯を作ります。
炒飯が完成する間際にステーキの方は取り出して
アルミホイルに包み余熱で放置、その間に残った肉汁入りの脂に
醤油を適量投入(火は止めてます)してソース作り。
そのソースを少しだけ炒飯に入れると更に美味くなります。

炒飯を大皿に盛り、その横にステーキをカットして載せれば完成。
と、ここまで書いてなんですけど、写真撮ってませんでした(;゚д゚)ァ....
ソースを肉に掛けちゃうとご飯の味が濃くなるので小皿にソースを入れて
肉に後から付けるスタイルでした、うーん、写真が無い。
やっぱりステーキは赤身だと量が食べれますね、贅沢感もあります。

スポンサーサイト

PageTopNext>>

複眼RSS (1記事前をサムネイル化 )
プロフィール

rit@wakiaka

Author:rit@wakiaka
ドブログが脳梗塞で
他界しました。
元はドブログ版
Street Rod Pressです
今後はこちらを使います。

ミクシィではD-DASHって名前です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
497位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
22位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。