FC2ブログ

M型モンキーのキャップについて

M型

自分の黒外装のドリのタンクは保存用として
モンキーM型のタンクキャップ(復刻版)を使ってます。
このキャップは本来車とかに載せた際にガソリンが漏れないように、
そういう時にOFFにしておけば絶対に漏れなくなると言うものでした。
(つまり空気穴みたいなのを塞いでくれるって事です)

で、ドリーム50 2011年4月9日の作業  仮組み色々の日記でも書きましたが、
何故か純正タンクが載らなくなってました。
原因は信じてもらえないかも知れませんがタンクの幅が狭まってたんです。
タンクの内側にタンク固定用の部分があるのですが、
その部分がフレームより狭くなってまして、載らなかった訳です。

実は思い当たる節があり、それを順を追って説明しますと、
2年ぶり位にタンクを倉庫から持って来た俺は中のガソリンを確認しようと、
キャップをOFFからONに切り替えました。
すると、室内に「バン!」と言う爆発音みたいなのが響いた訳です。

あわてて確認したのですが、どこにもおかしい所は有りませんでした。
タンク自体が凹んだ様子も燃料が漏れた様子もありませんでして、
いざ、タンクを載せようとしたら載らなかったという訳です。

ご存知の方も居られると思いますが、ガソリンは気化します。
どうやらタンク内で延々と気化したのがタンクを圧迫してまして、
タンクが膨れてた(風船を思い出して下さい)みたいなんです。
そこへ俺がONに切り替えたから一気に気化した分が・・・
風船が破裂する原理と一緒のように急激に内圧が変化して
そのままタンクは内側へ凹んでしまった訳です。

じゃあタンクの外観はどうなったの?
凹みとかは無く下側の部分がぐいっと中に入ってますね。
具体的に書くと純正より左右合わせて10mmほど・・・
タンクを並べて上から確認したので間違い無いと思います。
(自分のにはサブフレームもあるのでますます判りやすい訳です)

ぶっちゃけて言うと細くなった黒タンクのほうが格好良いです。
多分アルミタンクだったら内側に凹んだと思いますが、こいつは鉄タンク、
そんなにヤワじゃないんで見た目的なマイナス要素は無しでした。
ただ内側に入り過ぎてるのでサブフレームに干渉しちゃってるのが欠点、
そこさえクリア出来るなら黒タンクを塗るほうが超格好良いんですかねぇ

M型タンクキャップ付けてガソリン入れたまま保存は厳禁です。
皆さんも気をつけてください(ってそもそも使ってる人居るのか?)



関連記事
スポンサーサイト

タイヤをどうするか?PageTopドリーム50のメーターが戻って来ました

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://streetrodpress.blog56.fc2.com/tb.php/332-eb3efb1f

複眼RSS (1記事前をサムネイル化 )
プロフィール

rit@wakiaka

Author:rit@wakiaka
元はドブログ版
Street Rod Pressです
今後はこちらを使います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
691位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
56位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム