FC2ブログ

三芳菊 壱 無濾過生原酒

SDIM0115_2019011419542423b.jpg

三芳菊 壱 無濾過生原酒
こちらは三芳菊酒造のお酒、
徳島県の地酒メーカーになります。
主要銘柄は「三芳菊」「大地の夢」です。

SDIM0111.jpg

原料米:山田錦(播州等外米使用)
精米歩合:70% 酵母:徳島酵母
アルコール度数:16

SDIM0112_201901141954222f4.jpg

店などでは飲んでましたけど
家呑みでは随分お久しぶりです。
気が付けば三芳菊も相当数の種類が出てますね
こちらは徳島の神山に行った際に「かまパン」にて購入しました。
30BYの新酒となっており4合瓶で1300円とリーズナブル。
猪ボトルの期間限定品の「壱」シリーズです。

色はアンバー。瓶の色と思ってたけどまさか酒の色とは。
香は三芳菊によくあるパイン系ではあるけど
そこまで強い訳ではないですね。
この味は人を選ぶので好き嫌い別れますけど
日本酒に慣れてない人にはお勧めです。

ただこの味はあまり寝かせたり保存が悪いと
すぐ老ね香が出ちゃって飲めたものじゃないので
温度管理はしっかり、開けたらなるべく早く飲む。
今まで飲んできた経験上の感想ですが!

S660

SDIM0070.jpg

もう3年も乗ってます。
コペンほど愛着は無いけどそれなりに気に入ってます。
今の所目立ったトラブルも事故もありません。

写真自体はちょい前のなので今と少し仕様が違うかも?

スマホを新調

XZ3に機種変更したのですが
この機種、縁がラウンドしてて保護シートが全然しっくりこない。
2社ほど試しましたが納得が行くレベルではないですねー
これが保護シート難民と言うのか・・・

八海山 純米吟醸

SDIM0027_20181103004803874.jpg

八海山 純米吟醸
こちらは八海醸造株式会社のお酒、
新潟県の酒造メーカーになります。
主要銘柄は「八海山」です。

SDIM0021_20181103004804e10.jpg

原料米:国産米
精米歩合:50%
アルコール度数:15.5

SDIM0023_20181103004805d19.jpg

今年初め、じゃんけんで勝ったらもらえたお酒。
2017年12月28日に詰められた八海山です。
珍しいお酒ではありませんが自分で買う事はあまり無いお酒。

香りはそれほどでも無いですが米のほのかな甘さ、
口に含むとほどよい酸味、惜しい!惜しい!
美味いけど今一歩何かが足りない印象です。
水のようにスルスル飲めるのはこのお酒の良い所だけど
もう少し個性的でガツンと来るほうが好みかな。

いや、でも飲みやすいのは長所だね。
嫌味なく飲めるから何杯も飲んでしまう・・・

赤いほう、70キロほど試走

写真はありませんが新しいサイクルコンピュータ付けたので
試走してきました、結果から言うと使いものになりません。

途中までは反応してたんですけど走行中にエラー。
そのまま使えなくなりました、まぁAmazonで購入した
格安ワイヤレスだったんですけどね。
(定価15000円がなんと1700円と言うワイコン)
どうやらバッテリー積んでるバイクや電動自転車だと
高確率でエラーが出る場合があるそうです。

帰ってから有線式に戻しましたが電池が無いので
来週にまた調整かな。

試走は3時間ちょいほどでしたが
兎に角キツイ!ポジションもキツイけど
原因は7000回転付近の谷間が顕著で
その領域で走るとなるとたまーにギクシャクしてしまって
そこをクリアする為には9000回転~で走らないと駄目。
上り坂でも11000回転より「回ろう」とするからヤバい
壊れるの怖いから11000より上は回したく無いんですけど
先ほど書いた通り7000付近が気持ち悪いから
仕方なくそれより上で走ってる感じですね。

あっと言う間に6速まで行っちゃうし
8速くらい有っても良さそうな位ガンガン回りますな。
油温もクーラーのお陰で安定してるし調子いいですが
乗る人の体力が付いていかない。

あと若干気になる部分が見えてきたので
乗り続けるなら改善していかないと後で痛い目見そう。
具体的に言うとCR26のインシュレータが当時のままだから
カッチンコッチンなんですわ。

追記。
思い出したのでメモ。
CR26のインシュレータはPE24用を流用するんですけど
スパヘなのでアダプタ無しで直付け。
ゴム製のインシュレータはタケガワとキジマが出していて
キジマ製のほうが性能はいい、らしい。
理由は某氏曰く「キジマは元ゴム会社だから品質がいい」
なるほど納得である、俺のはキジマ製でした。

そろそろ赤いほう復活

今回の画像は原寸になってます。
撮影はDP2なので原寸でも小さめですが
見えちゃいけないきちゃない部分も見えてます。

SDIM0092_20181016155211fb3.jpg

随分放置していた置物状態だった赤いほう。
調べてみると最後に乗ったのは銀タンクを載せた頃でした。
と言う事は7年くらい前?

久しぶりに乗る訳ですからエンジンOHをしようって話でしたが
組んでからほとんど乗ってないっしょ?って言われて
それもそうか、とキャブ清掃と配線のやり直し、ヘッドライト交換
最低限のメンテで乗り切ろうとしたのですが・・・

いざメンテをお願いした所思わぬ不具合が。
元々カウル付きにした際に配線がギッチギチだった事もあり
キー回りの配線が痛んでたみたいでいざエンジンを掛けようとしたら
通電しなかったのでキーシリンダー自体交換になりました。
とほほ。

やっぱり買った時からのキーに愛着があるので
交換以外でどうにかならないものかと頑張ってもらいましたが
キーシリンダーの中も駄目になってたみたいで敢無く交換に。

そんな訳で赤いほうがかえってきました。
オイルクーラーの予備も欲しくて探したけどアールズのコアのって
もう廃盤なんすかね?欠品になってたんですけど!
自分が弄ってた頃、ほとんどのオーナーはタケガワ製ばかりだった。
そりゃそうだ、値段が倍くらい違うから買う人は酔狂者です。
アールズに黒のコアなんて無いけどな(記憶に無いが実はあった)
ホースのアルマイトも気に入らなくて剥がしてます。

SDIM0091.jpg

自分の場合車高下げてた問題でタケガワのだと
ガツンと当たるから仕方なかっただけですけど。
だれか縦型でもうちょい小さくてサブフレームに干渉しない
オイルクーラー作ってくれないかなー

本日は代休でお休み(お盆に出勤してた)なので
戻って来たドリーム50にマフラーとカウルを付けて
試走も兼ねてガソリンを入れに行ってみる事にしたのですが・・・
アイドリングが安定しない!スロットル回り調整するには
タンク外さないと駄目なので何度も何度も調整する羽目に。

SDIM0087_20181016155207548.jpg

なんとか調整も終わったのでハーフカウル状態で撮影。
案外悪くないもんですね、これで乗ってもイイかも。
カウル自体も色々調整をかけています。

SDIM0090_20181016155208a5f.jpg

ヘッドライトを付けた事で妙な感じになるかと思ってたけど
割とスタイル崩れなくて安心しました。

SDIM0094_20181016155212721.jpg

カウルは3分割式なので取り付けは楽々、
フルカウルになると50cc(厳密には89cc)とは思えないスタイルですね。
もうこんなハイメカ要素のバイクは出ないんだろうなー

SDIM0096_20181016155214c53.jpg

少し近所を流しましたが10000回転前後が一番安定してます
5000~7000回転でも走れますが苦しそうな印象、セッティングも有るのかも。
回そうと思えば14000以上は回りますが壊したくないのでセーブしています。
それに6速でそこまで回すと間違いなく捕まりますし。

今後は現状維持とミラーが見にくいのを改善と
サイクルコンピューターが見にくいのも直さないと。

獺祭 純米大吟醸 島耕作

SDIM0084.jpg

獺祭 純米大吟醸 島耕作
こちらは旭酒造株式会社のお酒、
山口県の地酒メーカーになります。
主要銘柄は「獺祭」です。

SDIM0078_20180924193357a23.jpg

原料米:山田錦
精米歩合:50% アルコール度数:16

SDIM0078_20180924193357a23.jpg

2018年7月の西日本豪雨で大きな被害を受けた
日本酒メーカー・旭酒造が破棄する予定だったお酒に
漫画「島耕作」作者の弘兼憲史氏がラベルを書いて販売したお酒です。
たまたまAmazonで売っててそれを買った同僚の方から聞いて
買ってみようと思い購入しました、が!
品質管理に問題があるそうで支援価格の1200円です。

ま、大量に買い占めてAmazonのストア出品で高額な価格で
売ってるストアがありましたけど潰れろw

さて味ですが、冷蔵施設が豪雨で壊れて保管がと言う話でして
正直言うと普段の獺祭に比べてえぐみがあります。
あと16度とは思えない感じですね(表示の度数より上に感じる)
同じ獺祭と比べての話なのでこれより不味い日本酒なんて
山ほどあるので1200円でこれなら大満足だと思います。
初獺祭だった方は是非復興した獺祭を再度購入してください。

このお酒は保管せず早く飲むのが正解だと思います。

つかFC2使いにくくなってる。
コメントも記事も使いにくいー

ウィスキーのお話

自分は日本酒大好き、外飲みではワインも飲む
実はウィスキーも好きだったりします。
随分前の話になりますが初めてウィスキー専門のバーに行き
7000円で飲み放題(全部希少な12~18年物)
当時はブームでもなんでも無かったのですが
初めて美味いウィスキーを堪能して以降
バーに行く度にバカの一つ覚えのように頼んだ銘柄があります。

マッカランとタリスカーです。
マッカランはバニラのような芳醇なうんたら
タリスカーはスモーキーな味わいなんたら等々
自分はかならずどちらかを注文していました。

ハイボールにするには勿体ないお酒ですので
出来ればそのまま飲んで欲しいお酒ですね。

で、気が付いたらいつのまにかウィスキーブームに!
朝ドラの影響やら世界的なウィスキーブームやら
これらが起こると市場からウィスキーが消えます。
そもそもブームになる前は全然売れなかった訳ですし
白州とか近場のインド料理屋でも飲めたのに今では・・・

俺はウィスキーはバーに行けば飲むけど
家では飲まない(最近はビールや発泡酒も飲む)ので
知らなかったんですドラマも見ないから。
気が付いた時にはもう買えなくなってました、ちーん。
タリスカーは今でも買えますけどマッカランはもう無理ー

ああ、こうなると飲みたいマッカラン飲みたい。
どっかで買えないかなと思ったけど終売だそうで
今現在増産しても飲めるのは10年以上後の話です。
意気消沈していたのですが偶然近くのドラッグストアの
お勤め品コーナーに寄ると・・・

マッカランがお勤め価格で売ってたw
12年のほうだけど価格見てたけーなーって思って
店員と話してたんだけど定価はもっとしたのね。
加えてオークション見たら2倍くらいの値付けになってて
こりゃあれだ、買って転売すればいいんじゃね?
なんてクズの発想すら出そうになってしまいました。

来年以降復活すると思うけど当分安定供給は難しいだろうし
こりゃ1本買っといてもイイかもしれないですね。

<<PrevPageTopNext>>

複眼RSS (1記事前をサムネイル化 )
プロフィール

rit@wakiaka

Author:rit@wakiaka
元はドブログ版
Street Rod Pressです
今後はこちらを使います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
706位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
61位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム